ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月10日

チチャリート、キースリング、ベンダーが復調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

chicha8-1473424256
代表戦期間から明け、週末に行われるハンブルク戦に向けて、シュミット監督は「いよいよ始まるというかんじだね」と、開幕戦でのグラードバッハ戦での辛い敗戦から気持ちを切り替えているようだ。

ハンブルクについて、指揮官は「移籍期間をうまく利用して」補強に成功した、「野心的なクラブ」との考えを示しており、「激しい、フィジカルな試合になるだろう」と予想している。

ただその一方で、「代表戦期間をうまく活かした」レヴァークーゼンは、けが人リストからは明るい知らせが伝えられており、中手骨を骨折していたチチャリートは「出場できると思う」と指揮官はコメント、さらに臀部の負傷に悩まされたシュテファン・キースリングと、リオ五輪決勝で負傷したラース・ベンダーの2選手も復調を果たしており、逆に代表で負傷したヴラデン・ユルチェンコについては「数週間離脱」、FWロビー・クルーズも風邪のため参加が見送られた。