ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月15日

【結果、コメント】レヴァークーゼン2−2CSKA

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-22-51-00%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-22-51-17
【得点】
1−0: アドミール・メーメディ (9分, ヘンリクス)
2−0: ハカン・チャルハノール (15分, カンプル)
2−1: アラン・ジャゴエフ (35分, イオノフ)
2−2: R. ロマン・エレメンコ (38分, L. トラオレ)

【試合後コメント】

ロジャー・シュミット(監督:レヴァークーゼン):
今日は非常に軽率に、試合を自らの手で手放してしまった。試合は35分で終わるものではないというのに。謙遜の気持ちを十分にもてていなかったね。授業料を支払ったというところだろうか。いかになげやりなプレーで、まるでもう試合が決まったかのような気持ちを持ってしまうと、いかに展開が一気に変わるのかを目にする結果となってしまった。ラインを見失ってしまい、取り組むことをやめてしまったんだよ。いくらでも点を取れると思ってしまったんだろう。その代償を高く払うことになったのさ。とても辛いね。それでもまだチャンスはあったのだが、しかしフィニッシュのところで明確にプレーできなかった。

ユリアン・ブラント(MF:レヴァークーゼン)
最初の30分は、とにかくチャンスを多く掴んでいたというのに、愚かな形で2失点を許してしまった。こういった試合で勝利できなかったのは辛いよ。いい気分でベッドになんか入れないさ。試合をうまく見いだせなかったね。だから最終的には勝利にはふさわしくはないということだよ。
レオニード・スルツキー(監督:CSKAモスクワ)
残念ながら早々に2失点を許してしまったのだが、それから盛り返し、非常に多くのクオリティを見せられたと思う。この結果には非常に満足だよ。

5714ce50-6fee-42df-8c11-c8acfa1c36d5


  • ブンデスリーガ・各チーム情報