Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月01日

シュミット監督、トッテナム戦のメンバーは直前に決断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fußball 1 Bundesliga 8 Spieltag Bayer Leverkusen 1899 Hoffenheim am 22 10 2016 in der BayArena i
文字通りロジャー・シュミット監督は、ギリギリで判断を下すことを宣言した。

チャンピオンズリーグGL第3戦に臨むレヴァークーゼンだが、月曜に行われた練習では、ラース・ベンダー(かかと)とヨナタン・ター(大腿筋)が共に個人練習。

エメル・トプラクはチーム練習に部分的に参加している状況だ。

そのためどのメンバーでロンドンへと向かうことになるのかについては、出発当日の直前に決断を下す。

仮にトプラクとターが欠場となった場合には、シュミット監督は週末に引き続き、イェドヴァイとドラゴヴィッチのCBコンビで試合に臨むことになるだろう。

またラース・ベンダーの代役には、ユリアン・バウムガルトリンガーが入るはずだ。

その一方でシュミット監督は、オフェンスのオプションについて豊富に揃えており、出場停止が関係ないフォランドが起用可能となるほか、背中に問題があったチャルハノールも復調を果たしている。

【トッテナム戦の先発予想】

レノ – ヘンリクス, イェドヴァイ, ドラゴヴィッチ, ヴェンデウ – バウムガルトリンガー, アランギス – ブラント, カンプル – チチャリート, フォランド


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker