Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月05日

カンプルが得点も負傷

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kampl8-1478159627
【試合後コメント】
ケヴィン・カンプル(MF:レヴァークーゼン)
ここでプレーし、そして得点を決めることができるなんて、信じられない気持ちだ。これでやっと1勝。それも信じられないことだけどね。監督の復帰を祝うこともできた。ただここの雰囲気はそこまで良くはなかったけどね。少し物々しい雰囲気があったよ。ここのところチームは苦しい状況にあった。でもこういう形でカムバックを果たせるチームというのは、どこにでもあるわけじゃないと思うよ。僕たちのいいところが出せたし、チームスピリットの賜物だ。いい形でこれているよ。とにかくこれを継続していくこと。なんでもうまくいくと軽率に考えないことだ。これで勝ち点が6になり、自分たち次第となっていることはいいことだ。モナコ戦が最終決戦となるね。ただこれからブンデスに、ダルムシュタット戦に集中すること。それで勝利できれば、こちらでも軌道に乗っていけるだろう。金曜になったら今日の試合のことはもう忘れて、ダルムシュタット戦で勝利をおさめたいと思うよ。頭をクリアにして、ダルムシュタットにやりやすくさせないようにしないとね。

ロジャー・シュミット(監督:レヴァークーゼン)
理想的な試合展開となった。こういう試合をしたくて準備をしているんだよ。ただ今の状況は決して容易なものではないがね。これだけ激しい試合をアウェイ戦で行なったのだから、消耗は激しいよ。簡単な試合ではないだろうが、しかしいい戦いを見せられるように頑張っていきたい。(途中交代した)カンプルについては残念だ。ただ打撲であって、骨折は免れている。土曜日にどういった選手を起用することになるかについては、これから見ていくことになるよ。(投入した17歳のハヴェルツについては)敢えてこういった試合で起用した。彼に対する期待や今の立ち位置が見て取れたことだろう。徐々に作り上げていきたい。信頼をしているから使ったのだ。ダルムシュタット戦での先発の可能性だってあるよ。ただここで明言するようなことはないがね。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker