Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月08日

ドイツ代表招集のブラント、今季初得点に安堵

Germany
ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユリアン・ブラント

MFユリアン・ブラント



週末に行われたダルムシュタット戦で、ようやく今季初得点をマークしたユリアン・ブラント。855分間の無得点というのは、20歳というまだ浅いキャリアの中ではあるが、2シーズン前の816分を超える自身最長の無得点記録となっていた。

今回の代表戦期間では、ドイツ代表からの招集を受けたブラントは、「自我のためにも、呪縛から解放されたのは重要だよ」と安堵感を示し、「最近見せていたプレーも、決していいものではなかったからね」と反省の弁も述べている。

その理由として、あまり言い訳にはしたくはないと前置きしながらも、今夏に参加したリオ五輪の影響があったとの見方を示しており、「あれほどの大会のあとで、気持ちを切り替えるというのはそんなに容易いことではないんだ。集中とリズムを保つことは難しいことであり、そしてそれがうまくいかないとはまり込んでしまう」とコメント。

「それで、僕は長くその状況を経験することになったんだよ」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker