Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月18日

レノ、ライプツィヒの力を評価

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

leno800-1479383548
第10節の時点で実力が実証されている?少なくともベルント・レノはそう考えている。今節の相手昇格組ながら2位と検討を見せるライプツィヒだが、ドイツ代表GKはkickerとのインタビューの中で、「順位表は多くのことを語るよ。そしてライプツィヒは、僕たちとの勝ち点差を8にしているんだ」と語った。

「僕たちはこの試合を勝利しなくてはならない。1つの敗戦の意味は、勝ち点を11にまで広げるという意味なんだ。ずいぶんと差が生まれることになるよ。そして次に控えているのがバイエルン戦。だからこそ、このホーム戦での勝利は義務となるんだよ。今のライプツィヒは、欧州リーグを争うクラブのなかの1つなのだから」

なお今週初めは個人練習をおこなっていたトプラク、ブラント、カンプルらについてはオプションであり、さらにチリ代表で大腿筋を負傷したチャールズ・アランギスについても「状態は全く問題ない」とシュミット監督は太鼓判を押した。

その一方で未定となっているのは、代表戦から復帰したばかりのチチャリートとクルーゼ、そしてかかとに打撲を負ったラース・ベンダーであり、指揮官は「確かに改善は見られているが、まだ間に合わないのではないかと思うよ」との考えを述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker