ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月22日

CL【レヴァークーゼン2−4アトレチコ】

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5-1487714125

【得点】
0−1:ニゲス(17分、ガビ)
0−2:グリーズマン(25分、ガメイロ)
1−2:ベララビ(48分、ヘンリクス)
1−3:ガメイロ(59分PK、ガメイロ)
2−3:サヴィッチ(68分OG)
2−4:フェルナンド・トレス(86分、ヴルサリコ)

【試合後コメント】
ロジャー・シュミット(監督:レヴァークーゼン)
何もアトレチコは偶然に、ここ数年CLの決勝に顔を出しているわけではないよ。それに確かに、我々がベストを尽くせたわけでもなかったね。2度のミスから2失点を許す格好となってしまった。ただそれでも選手達に対して大きな賛辞をおくりたい。彼らは決して臆することなく、1−3とされても試合をひっくり返そうとしていた。今日のような雰囲気は、レヴァークーゼンでは滅多に味わえないものだよ。

ジエゴ・シメオネ(監督:アトレチコ)
今日は我々にとって素晴らしい試合となった。前半に関しては完璧と呼べるものだったよ。クレバーにプレーしていたし、ガメイロはここで最高のパフォーマンスをみせてくれたね。

ルディ・フェラー(SD:レヴァークーゼン)
アトレチコは前半では全ての面で圧倒していた。素晴らしいサッカーをみせていたよ。ただ我々は後半では見事な抵抗をみせ、3−3にするチャンスもあった。最終的には残念なものだがね、しかしアトレチコの方が確かに上回っていたことは確かだよ。しかしこれまでのサッカー人生のなかで、私は多くの経験をしている。マドリードにはただ試合に向かうのではない。

エメル・トプラク(CB:レヴァークーゼン)
前半は本当に悪かった。アトレチコにチャンスを与えてしまっていたね。後半については良くなったんだけど、でも結果は僕たちの望むようなものにはならなかった。

カリム・ベララビ(MF:レヴァークーゼン)
次戦でも全力を尽くして力を発揮したい。難しい試合であることは十分にわかってはいるけれどもね。

ユリアン・ブラント(MF:レヴァークーゼン)
結果については不必要なものだった。今日は勝利、少なくともドローにもつれこませるチャンスはあったというのにね。でもこれでチャンスが完全になくなったとは思っていないし、僕たちは決して諦めない。4−2での敗戦には苛立ちを覚えるし、次の試合はとても難しいものとなってしまった。それでも僕たちは勝つためにマドリードへと向かう。

CL16-31CL16-32