ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月02日

浮き沈みの激しいシーズンを過ごすチチャリート

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4248
チャンピオンズリーグ出場の常連になるなど、ここ数年でみれば非常に安定した成績を残しているバイヤー・レヴァークーゼン。

しかし今シーズンは非常に浮き沈みの激しい戦いをつづけており、現在は欧州リーグ出場圏外となる9位につけているところだ。

そんな波の激しさのまさに象徴的存在となっている選手が、オフェンスを牽引するハビエル・マルチネス、通称チチャリートである。

今季ここまでチーム最多の10得点をマークしているメキシコ代表だが、しかしその半分は第2節から第6節まで、そして残りの5得点は18節から21節までで記録したものであり、11試合連続で無得点試合が続いた時期さえある。

後半戦での状態を上げた理由について、シュミット監督は「素晴らしい冬季期間を過ごした」と称賛していたのだが、ただ前節では孤立する場面も多く見受けられkicker採点5と散々な結果に。

欧州リーグを狙うにはどうしても勝ち点を獲得したい上位ドルトムントを相手に、果たしてチチャリートはどちらの顔をみせることになるのだろうか。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報