ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月09日

コルクート監督、ベンダーの出場は「予想できない」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


その重要性はスタッツを見ても明らかだ。リオ五輪で銀メダルを獲得したキャプテンがピッチに立った試合では、レヴァークーゼンは平均勝ち点1.78をマーク。不在時では1.0という差になっている。

しかしそのリオ五輪で負傷を抱え長期離脱を余儀なくされたベテランMFは、まだ完調を果たすにはいたっておらず、先日のドルトムントのように負荷に耐えきれずに途中交代を余儀なくされる場面も見受けられているところだ。

現状について、タイフン・コルクート監督は「まだくるぶしに問題を抱えているんだ。昨日は練習で少し違和感を覚えていてね。治療を受ける必要があったんだよ」と説明。

週末の出場に向けては「まだ予想はできない。足がどういう反応をみせるのかみてみないと」との見方を示している。

特にリスクを避ける考えを強調しており、「別に新監督が来たからといっても、何も怪我をしている選手までもが無理をする必要なんてないんだ」との評価を強調した指揮官。「そもそもラースはすでに知られてる選手なんだしね」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報