ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月22日

「決定力の改善」を求めるレヴァークーゼンのコルクート監督

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1492784448
現在は12位につけ、入れ替え戦となる16位アウグスブルクとの勝ち点差が3となっているレヴァークーゼン。

しかしその一方で、ヨーロッパリーグ出場圏内となるフライブルクとの勝ち点差は5と、こちらも射程距離にあることから、タイフン・コルクート監督は「状況を改善していって、できるだけ早くどこまでいけるのかを見ていきたい」とコメント。

特にこれからの5試合のうち4試合(フライブルク、シャルケ、ケルン、ベルリン)は、まさに順位を争うクラブとの直接対決だけに、まさに今季まで契約を残す新指揮官にとって正念場を迎えたことになる。

そこで1つのポイントとなるのが、「いかにチャンスを活かすか。その必要性はこれまでの試合でみせてきた」ところにあるのだが、そこでの期待を背負うチチャリートが大腿筋の負傷から復調。「いい感じだよ。プレーできると思う」と指揮官も期待を寄せた。

ただし若きドイツ代表ヨナタン・ターについては、「とてもいい感じ」ではあるものの、「週末の試合まではちょっと厳しいね」との見方を示している。

vsフライブルク先発予想:レノ – ヒルベルト, トプラク, ドラゴヴィッチ, ヴェンデウ – バウムガルトリンガー, カンプル – ベララビ, フォランド, ブラント – チチャリート


  • ブンデスリーガ・各チーム情報