ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月02日

フェラーSD、残留争いの経験不足は「言い訳にならない」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bayer8-1493649396
シャルケ戦では1−4で敗戦を喫してしまったバイヤー・レヴァークーゼン。

SDを務めるルディ・フェラー氏は、「これはお決まりのスローガンとはわかってはいるがね」と前置きした上で、「これからは重圧に負けない選手たちを並べなくてはならない。失点で簡単にひるむような選手ではなくね」と言葉を続けた。

確かに今回のシャルケ戦では、その辺りを全ての選手が見せていたとは決して言い切れる内容ではなかっただろう。しかしその一方で、チャンピオンズリーグ出場が常連であるこのチームの選手たちが、今の状況に不慣れであることも指摘できないだろうか?

だがフェラーSDは「そんなことは気にしない。言い訳にすぎんよ」とバッサリ。そもそもCLプレーオフのときにも、「大きな重圧にさらされながら」、本戦進出を勝ち取ってきたのだ。

いまこそレヴァークーゼンの選手たちは、次節のインゴルシュタット戦で、この残留争いも克服できる、その力を証明しなくてはならない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報