ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月17日

負傷中のケヴィン・カンプルに休養

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kampl8-1495030231

ここのところ左の足首の炎症に悩まされ、いくどとなく練習中断を余儀なくされてきたケヴィン・カンプル。

それでも痛みをこらえながらプレーをつづけ、週末のケルンとのダービーではベンチスタートという状況ながら、1部残留を決定づける重要な役割を果たして見せた。

ルディ・フェラーSDは、スロベニア代表MFについて、「彼はチームのために全力をつくしてくれた」と賞賛。

すでに1部残留を確定し、最終節は実質上消化試合となったことから、「無理に出場することに意味がない」との判断で、今節は休養を与えることも明らかにしている。

今季のカンプルはここまでリーグ戦30試合に出場。第31節までは出場した全ての試合で先発していたが、ここ2試合は途中出場となっていた。(1得点2アシストkicker採点平均3.41)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報