ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月21日

ハンブルク、パパドプロスを完全移籍で獲得へ

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドイツU21代表GKユリアン・ポラースベックに続き、ハンブルガーSVはキリアコス・パパドプロスを完全移籍で獲得することが明らかとなった。契約期間は延長オプションつきの2020年まで、移籍金額は650万ユーロながら、最大で約1000万ユーロまで上昇する仕組みとなっている。

ここ数年間は負傷などになやまされてきたギリシャ代表だが、かつてシャルケで指導をうけたマルクス・ギズドル監督率いるハンブルクにレンタルされると、今年にはいって15試合に出場し2得点をマーク。kicker採点3.07と好成績を残しており、本人も残留を切望していた。

これまで相談役会との意見の相違から、なかなか来季にむけたチーム作りをすすめられなかったヘルベルト・ブルーフハーゲンCEOとイェンス・トッドSDだが、ここにきて二つの課題をクリア。

しかしまだチーム内のサラリー削減、米国代表FWボビー・ウッドとの延長、ウィングDFの補強など。まだまだ課題は山積み状態となっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報