ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月03日

ドイツ代表レノ「刺激的なオファーも届いていたけど…」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏のレヴァークーゼンでは、欧州の舞台への復帰に向けて期するものがあるはずだが、しかしテストマッチでは思うような結果はついてきていない。GKベルント・レノは「アンタルヤ戦に関していえば、試合の大半では良いプレーを見せていたとは思うんだ。でも結果については言い訳できないけどね」と語った。

なお同選手に対しては、数多くの移籍先候補が浮上。「今夏にはたくさんの問い合わせをもらった。そのなかにはとても刺激的なものもあったよ」と明かした不動の守護神だが、「でもクラブ首脳陣からすぐに、新しい船出となる今季に重要な役割を担ってほしいということをはっきりと言われたんだ。だからこの話題はすぐに終わったし、今は100%レヴァークーゼンに集中しているところだよ」と述べている。

ただ海外への移籍の可能性については否定はしておらず、「いつかそういうチャンスがあるのであればだけどね。ただそれは上位3リーグである必要があるよ。プレミア、セリエA、そしてリーガ・エスパニョーラだね」とコメント。

その一方で今季から指揮をとるハイコ・ヘアリヒ監督の印象については、「とてもチームスピリットを重んじる監督だ。これは僕たちに好影響をもたらすものだと思う」と述べ、さらに今夏獲得したスウェン・ベンダーについては「とても良い獲得だと思うね。彼はまさに身を呈したプレーができる選手。いろんな部分で考えて、僕たちに良い影響を与えてくれると思うよ。」と期待感を示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報