ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月07日

アラリオとの相乗効果に期待したいフォランド

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨夏には移籍金2000万ユーロ、ドイツ代表FWという肩書きを提げて、レヴァークーゼンに大きな期待を抱かれ加入したケヴィン・フォランド。しかしながらその1年目では負傷もあってわずか6得点にとどまり、それまでCL常連だったチームも、シーズン終盤まで残留争いを繰り広げる苦しい戦いを余儀なくされた。

そして再起をかけて臨んだ今シーズンも、チームは開幕から3試合で未勝利スタート。さらにフォランド自身もkicker採点平均4.33という散々な出だしをみせるなど、苦しい立ち上がりをみせてしまう。だがこの流れを変える存在となったのが、今夏の移籍期限終了間近に加入した、ルーカス・アラリオだ。

前々節のハンブルガーSV戦にて先発でブンデスデビューを果たしたアルゼンチン代表は、その精力的なプレーと相手ゴール前での危険な存在感から、相手DFの注意をさらに引きつけることで、FWコンビを組むフォランドがその恩恵を受ける結果に。

その試合で2得点をマークしたフォランドは、先日行われたフォルトゥナ・ケルンとのテストマッチでも好調ぶりをアピールしており、今シーズンはアラリオとの相乗効果により、コンスタントなパフォーマンスをみせチームの期待に応えていきたいところだ。