ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月17日

ベルント・レノ、2度のリードを守れず「若さが出た」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2度のリードも勝ち点3には届かなかったレヴァークーゼン。試合後に守護神ベルント・レノは、攻守にわたるチームの不足部分の改善と、若さによる問題点を指摘した。

…チャンスを再び活かせなかった「またしても僕たちは数多くのチャンスがあったというのに・・・、特にセットプレーでね。 僕たちはそしてまたしてもチャンスをうまく活かせなかったよ、ホッフェンハイム戦でもそうだったけど。試合の大半はコントロールできていたのにね」

…守備でおざなりな部分を露呈「最後の10分は、まるでゴールを決めてくださいと言わんばかりだった。抵抗力にかけていたし、さらに次のゴールを決めきれずに、相手を立ち直らせる結果になってしまったよ。それではうまくはいかないものさ」

…クレバーさに欠けていた「もしも2度もリードをうばったのであれば、勝利をつかまなくてはならないもの。僕たちはとにかくもっとクレバーにプレーする必要があったと思うね。多分まだ若さも影響しているのだと思う。3点目を取りきれずに、逆に相手に失点を許す結果となってしまった。」

…状況について「ここまで勝ち点9というのは、間違いなく物足りないものだ。ほとんどの試合では、マインツ戦での後半やベルリン戦をのぞいて、僕たちはいいプレーを見せていたと思う。ミュンヘンでの試合などはその一例だよ。僕たちはもっともっと勝ち点を多く稼いでいるはずだった、それだけははっきり言えるさ」

…順位表について「今はもちろんやりやすくなったというこてゃない。追いかける展開というのは、追いかけられるよりも難しいものだ。僕たちとしては不足している部分について取り組んでいくということ。まだ若いチームだということはわかってはいるけど、でもとてもいいチームでもあるのだから。」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報