ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月16日

レヴァークーゼンのター「自信をもってライプツィヒ戦に臨む」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われる強豪ライプツィヒ戦では、守備の要スウェン・ベンダーが、肋骨の骨折により、コルセットを装着してプレーする可能性はあるものの、まだ欠場が危惧されているところだ。

もしも欠場となった場合には、ヨナタン・ターが代役を務めることになるだろう。「もしもスウェンがプレーできるなら、僕としては出場に向けてアピールしていくだけだし、欠場することになるならその穴埋めをチーム全体で行なっていくことになる。」と同選手はコメント。

さらに、ベンダーがもつリーダーシップの面でもチームに貢献していきたいと考えており、「そういう年齢に入ったと思っている。U21代表では主将を務めているし、チームを牽引していく立場だ。そしてこういったことは苦しい時期から学んでいくものだと思う。実際にU21代表でノルウェーに敗戦したときも大きな収穫があった」と言葉を続けた。

なお今回対戦するライプツィヒについては、「相手に主導権を握らせないようにすること。プレスをどんどんと仕掛けさせないようにしていかないとね。一度勢いづかせてしまうと、あとから盛り返すのはなかなか難しいものだ」と述べ、「ただホーム戦だし、僕たちは自信をもって自分たちのタスクを全うしていくよ。そしてそれができると思っている」と意気込みを述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報