ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月08日

ヘアリヒ監督「シュトゥットガルトはドルトムントにも勝った」

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「警戒しているよ。ここまでシュトゥットガルトの地で勝ち点を得ているのは、アウグスブルクの0−0のドローだけだ。それ以外彼らは全試合で勝利をおさめているからね、警戒しているよ」

そう、金曜日に行われるシュトゥットガルト戦を前に語ったハイコ・ヘアリヒ監督は「ドルトムントを相手にしてさえも勝利を収めているのだし。それはうちでは達成できなかったことだ。」と言葉を続けた。

出だしこそつまづきをみせたものの、第6節のハンブルク戦での勝利以降、レヴァークーゼンは無敗を継続し、ついに順位はチャンピオンズリーグ出場圏内となる4位にまで浮上。開幕では首位を突き進んだドルトムントをも交わしている。

たが「もちろん上位につけることが我々の目標ではある。しかしながら、ここまではあまり勝ち点を思うように得られていないということもまた認識しているよ。取りこぼしが多すぎる。」とヘアリヒ監督。

シュトゥットガルト戦でのポイントんついては、「無失点に抑えることが重要になってくるね。」と指摘した。なおこの試合では左サイドバックのヴェンデウが出場停止ということで対応を迫られるが、「いくつもの可能性はあるさ。エンリクスかベララビといったところも確かにオプションだよ」との考えを示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報