ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月20日

レヴァークーゼン、アラリオ欠場。双子のベンダーも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜日に行われるDFBポカール16強では、ボルシア・メンヒェングラードバッハをホームで迎え撃つバイヤー・レヴァークーゼン。今年最後の公式戦を前に、ハイコ・ヘアリヒ監督は「選手たちには全力を出し切ってもらうことを期待している。」と要求を述べた。

グラードバッハ戦に向けて、指揮官は「ポカールというものは独特なものがある。1つあげるなら、リーグ戦ではミスの埋め合わせもできるか、ここでは一発勝負。生き残るかどうかしかないんだ。」と述べ、前回のリーグ戦では5ー1で勝利をおさめているものの「そんな点差は必要ない。1−0でも十分だ」と意気込みをみせている。

だがこの試合ではルーカス・アラリオが欠場。同選手は2試合を欠場したのちに、最近のリーグ戦の2試合、ブレーメン戦とハノーファー戦では連続でフル出場。ブレーメン戦では決勝点を決めるなど活躍を見せていたのだが、内転筋の問題により今回は再び出場を見合わせる判断を下した。


さらに主将のラース・ベンダーは「膝の腫れがあまりに強い状態にある」とのことで欠場が濃厚。双子のスウェン・ベンダーには、それよりも出場への期待感は高いが、「リスクは避ける」考えを強調していることからも両選手ともに欠いて試合に臨む可能性があることは確かだ。

一方でチャールズ・アランギスについては、「練習はこなせているし、筋肉もしっかりと持っている。順調だと思うよ」とコメント。こちらはオプションとなることができるかもしれない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報