ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月09日

レヴァークーゼン、ベイリーとベララビが復調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前半戦では12試合連続無敗で折り返すことに成功したバイヤー・レヴァークーゼン。金曜日に行われる後半戦初戦でも、その無敗を継続していきたいところだが、しかしその相手は前回敗戦を喫しているバイエルン・ミュンヘンだ。

しかしながらそれでもレヴァークーゼンは、0−3と追いかける展開から一転して逆襲に転じており、バイエルンとよりも多くのシュートチャンスをつかむ奮闘を披露。「それでもいいパフォーマンスだった、なんて言葉を聞くのはあまりいい気分ではないけどね」と、ドイツU21代表主将ヨナタン・ターはコメント。しかしながらそれと同時に「もしも今回しっかりと戦えれば、それなら今回こそ勝ち点を獲得したいところだね」と意気込みをみせた。

なお月曜日に行われた練習では、今年はじめてレオン・ベイリーが参加。前半戦のポジション別ランキングで見事ウィング1位に輝いたジャマイカ人ウィンガーだが、先週は風邪のために参加を見合わせていたものの、バイエルン戦までには復調が見込まれている。

また先日のミュンスターとのテストマッチでフル出場したシュテファン・キースリングは軽めの調整を行なっており、まだスネに強く打撲を受けたカリム・ベララビについては、さっそく練習復帰を果たすというサプライズを演じている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報