ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月10日

レヴァークーゼンが誇るカウンターは王者相手に通じるか?

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


金曜日に行われる後半戦のオープニングマッチ、レヴァークーゼンvsバイエルン戦は、まさに高いオフェンス力をもったチーム同士の激突だ。レヴァークーゼンは唯一、前半戦の17試合で一度も零封されずに戦ったクラブ。なかでも特に注目となるのがカウンターでの強さであり、ここまでカウンターでマークしている7得点はリーグ最多得点だ。

ただその一方でバイエルンは、ホッフェンハイムやヘルタとともにまだ1度もカウンターで失点を許していないクラブでもあり、ハイコ・ヘアリヒ監督は「バイエルンが100%の力を出してしまうと難しくなってしまう。しかしながらそうじゃなければ、我々にもつけいる隙はあるのではないか」とコメント。

前回のバイエルン戦でもレヴァークーゼンは、0−3とリードされる苦しい展開ながらも、バイエルンよりも多くのシュートチャンスを得るなど猛攻を演じて見せており、敗戦を喫したにも関わらず周囲からは賞賛の言葉が寄せられた。「ただあのときは、3回のセットプレーでやられてしまった。それは避けないと」と、守備の要ヨナタン・ターはコメント。おそらくは金曜日には、この2試合のテストマッチで採用していた3バックを採用し、L .ベンダーとヴェンデウがSBとして脇を固めることになるだろう。

なおレヴァークーゼンは前半戦を12戦無敗で折り返しており、ここまで6勝6分。さらにホーム戦ではここまで4勝4分と強さを発揮しているが、果たして王者を相手にこの流れを継続していくことができるだろうか?


  • ブンデスリーガ・各チーム情報