ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月06日

フライブルク、4バックで再び勝ち点確保

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「4バックに選択したことが功を奏したね。基本的に2トップを採用してオフェンシブなところも見せて行きたいと思っていた反面、レヴァークーゼンからプレッシャーをかけられることも想定していたからね」とコメント。

このことについて、クリスチャン・ギュンターは「こういった試合では最前線に多めの選手をおかないと、レヴァークーゼンはとてもつよい相手だからね」と述べ、「普段より一人多く配置して、背後ではより多くの取り組みをしていくという形をとったわけだけど、これが今日はうまくいったね」と語った。

「4バックは3バックとは少し違うけど、でも常に練習ではやっているし、準備はしっかりとできているよ。4バックでも5バックでもプレーできる選手がそろっているし。」

実際に今季は4バックをこれまで5試合で採用。グラードバッハ戦での勝利、フランクフルト、アウグスブルク、そして今回のレヴァークーゼン戦では痛みわけと、前回のレヴァークーゼン戦で0−4で敗れた以外はすべて勝ち点を確保。その一方で3バックでもこれまで14試合採用して勝ち点18を獲得することに成功している。


右SBルーカス・キュブラーは「うまくやれないといけなかったとも思う。得点チャンスはあった」と指摘、今回2トップの一角で奮闘を見せていたティム・クラインディーンストは「得点を決めたかった。早く初得点を決めたいんだけど。ただいい戦いを演じたし、開始からレヴァークーゼンを苦しめていたよ」と悔しさをにじませながらも胸を張った。


相手のレヴァークーゼンのルディ・フェラーSDは、「フライブルクのファウル数をみればけが人がいないことは喜ぶべきかもしれない」としながらも、「彼らはとてもアグレッシブだったが限度を超えていたということではない。」と賛辞を送っている。「フライブルクは難しい相手だし1部残留がかかっていればハードに戦うものさ。それもサッカー。戦術的にも高いレベルだったと思う」


そしてこれから迎えるポカール準々決勝ブレーメン戦に向けては、ヘアリヒ監督は「本当にとても難しい相手だ。最近の彼らの好調さはフロックではない。前回の対戦でも苦戦しているしね」と警戒心を示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報