ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月29日

ブラジル代表戦に出場したブラントが、早くもレヴァークーゼンの練習に復帰

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜日のレヴァークーゼンの練習場には、前日に行われたブラジル代表戦に出場したばかりの、ユリアン・ブラントの姿が見受けられた。「30分しかプレーしていなかったからね、だからすぐに復帰する許可をもらったんだよ」と同選手。しかしながら飛行機はすでになかったために、車でレヴァークーゼンへと向かい午前4時に到着している。

このことについて、ハイコ・ヘアリヒ監督は「そういった熱意は決して好ましいものではない。前日夜に30分間全力でブラジルを相手にプレーしたあとなんだから」と警鐘を鳴らしつつも、「そこでとても精力的にプレーし、危険な場面にも顔を出していたね。W杯に爪痕を残したかっただろうpと述べ、「彼はフレキシブルでいろんなシステムでもプレーできる選手だよ」との評価を語った。

そんな心配をよそにブラントは、さっそくチーム練習でも精力的にトレーニングに励んでおり、週末に行われるアウグスブルク戦でも再び先発出場を果たす可能性は高いだろう。同じく背中の問題でドイツU21代表にて、コソボ戦を見守ったヨナタン・ターについても軽傷のために「土曜日には間に合うと思う」との見通しをハイコ・ヘアリヒ監督は明かしている。

しかしながら鼠蹊部に問題を抱える主将ラース・ベンダーについては、確かにチーム練習参加を果たしているとはいえ、対人戦では不参加という形でのトレーニングを行なっている段階であり、まだ早い動きには問題も見られていることからも、木曜にはより密度の濃い練習を行うとはいえまだ出場はふとうめいとなったままだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報