ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月04日

ドイツ代表、レノ、ター、ペテルセン、そしてサネが選外に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏にロシアで行われるワールドカップでは、前回王者として連覇をめざし戦うドイツ代表。その最終メンバー23選手が、月曜午前に遂に発表された。

現在トレーニングキャンプが行われている南チロルには、予備登録メンバーを含む27選手が招集されているところだが、そのなかからゴールキーパーのベルント・レノとセンターバックのヨナタン・ター(レヴァークーゼン)、そしてニルス・ペテルセン(フライブルク)とリロイ・サネ(マンチェスター・シティ)の二人のフォワードを外す決断が下されている。

ワールドカップに向けた今回の合宿において、特に注目を集めていたのが、昨年9月より負傷のために離脱が続いていたマヌエル・ノイアーのワールドカップ参加であった。だがここまで順調にトレーニングをこなし、週末に行われたオーストリア代表戦ではフル出場。そこでのプレー面、さらにその翌日のMRI検査においても、ワールドカップに向けて準備ができたことを示している。

これによりバルセロナのマーク=アンドレ・テル=シュテーゲンが第2GK、そしてパリ・サンジェルマンのケヴィン・トラップが第3GKということに。また今回レーヴ監督がみせたサプライズは、今季プレミアで活躍をみせPFA年間最優秀若手選手賞を受賞していた、リロイ・サネが選外となったことだろう。

なおドイツ代表は6月8日にレヴァークーゼンにて、W杯前哨戦としてサウジアラビアとのテストマッチが控えており、その4日後には一路ロシアの首都モスクワへと向かう。

GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
マーク=アンドレ・テル=シュテーゲン(バルセロナ)
ケヴィン・トラップ(パリSG)

DF
ジェローム・ボアテング(バイエルン)
マティアス・ギンター(グラードバッハ)
マッツ・フメルス(バイエルン)
ヨナス・ヘクター(ケルン)
ジョシュア・キミヒ(バイエルン)
マルヴィン・プラッテンハルト(ベルリン)
アントニオ・リュディガー(チェルシー)
ニクラス・ズーレ(バイエルン)

MF/FW
ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
ユリアン・ドラクスラー(パリSG)
マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
レオン・ゴレツカ(シャルケ)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスターC)
サミ・ケディラ(ユベントス)
トニ・クロース(レアル)
トーマス・ミュラー(バイエルン)
メスト・エジル(アーセナル)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
セバスチャン・ルディ(バイエルン)
ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報