ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月20日

ベルント・レノのアーセナル移籍が正式に発表

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


既報通りバイヤー・レヴァークーゼンは火曜、ベルント・レノがアーセナルへと移籍することを発表した。ドイツ代表GKは無事にメディカルチェックをパスして契約にサイン、レヴァークーゼンはおよそ2500万ユーロの移籍金を手にすることになる。

すでにレヴァークーゼンはレノの後釜、アイントラハト・フランクフルトからフィンランド代表GKルーカス・フラデツキーを獲得。レノに対して「忘れられない7年間」への感謝の気持ちを記した。

一方のアーセナルにとっては、特に後半戦でミスが目立ったチェフへの対応に成功したことになる。長年アーセナルの守護神を務めてきた36才は、来季からはバックアップとしての役割が見込まれるが、しかしながらそう簡単に先発の座を明け渡す考えはないだろう。

なおこれまでバックアップを務めていたオスピナについては、新天地を模索することになる。今夏アーセナルにとってレノはリヒトシュタイナーに続く二人目の補強であり、まもなくしてドルトムントのソクラテス、サンプドリアのテレイラもこれに続く模様だ。

またエメリー監督とドイツ人GKという観点でみるならば少し苦い思い出があり、パリ・サンジェルマンにてドイツ代表GKケヴィン・トラップが、準備期間でのミスにより先発の座を失い、その後はあまり出場機会を得られない日々が続いた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報