ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月05日

元指揮官クリストフ・ダウム氏の息子マルセル・ダウム氏が、フランクフルトからレヴァークーゼンへ

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブンデスリーガ1部全18クラブのなかで、最も遅く新シーズンにむけてスタートを切るバイヤー・レヴァークーゼン。これから選手たちはまず、乳酸テストなどを受けることになるのだが、その前にレヴァークーゼンの陣容に変化があったことが明らかとなった。

マルセル・ダウム氏、長年にわたりブンデスリーガで監督を務め、レヴァクーゼンでも指揮をとったクリストフ・ダウム氏の息子である。これまでアイントラハト・フランクフルトに従事していた31才だが、これからはレヴァークーゼンを後にしたコルネトカ氏の後を受け、ビデオ分析のチーフを務めることとなった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報