ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月05日

レヴァークーゼンのヘアリヒ監督「あと2選手は欲しい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


来季にむけて21人のフィールドプレイヤーと3人のGKでスタートを切った、バイヤー・レヴァークーゼン。しかしながらその初日にハイコ・ヘアリヒ監督はさらに2つのポジション、センターフォワードと左サイドバックの補強への希望を述べた。

「もうひとり、左利きのサイドの選手がいてもいいだろう。確かにこれまで、うちではうまくカバーしてきているとはいえるがね」つまりは、左サイドバックを務めるヴェンデウの代役を迎えるという意味だが、この言葉の背景には昨季に主力の座を終われ、両サイドバックのバックアップに甘んじたベンヤミン・ヘンリクスが移籍を希望しているというものがある。

さらにセンターフォワードについても、長年オフェンスを支え続けたシュテファン・キースリングがチームを後にしており、フォランド、アラリオのいずれも高さを武器にするタイプのFWではない。「魅力的なサッカーを展開したくとも、にっちもさっちもいかないような状況もある」と指揮官。「そういうときに起点となってくれるような、高さのあるセンターフォワードがいてくれるとチームにとっては好都合だよ」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報