ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月16日

レヴァークーゼン、アランギスとヘンリクスが別メニュー

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在レヴァークーゼンでは、顎の治療にあたっているルーカス・フラデツキー、そして中手を骨折したパナギオティス・レトソスが離脱しているところだが、さらに内転筋部分に「引っ張った感覚があった」ベンヤミン・ヘンリクスが「念のため」に別メニューをこなしているところだ。ただし「精密検査を受けるまではない」とのことで、月曜日にはフィジオセラピストが、チーム練習に徐々に組み込んでいくかどうかの判断を下していくとのこと。「リスクは決しておかしたくはないからね」

また昨季ダブルボランチの主力を務めたチャールズ・アランギスは、膝の問題によりチーム練習参加を見送っているが「今週中にも」チーム練習へ復帰するとの見通しを、ハイコ・ヘアリヒ監督が明かしている。「可能であればだけどね」この最後の言葉から、まだ憶測であることが見て取れるのだが、しかしそれでもあくまで指揮官は「ただ重要なことは、開幕までにしっかりと状態を整えるということだよ」と強調した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報