ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月07日

スウェーデン代表FWテリンを、レヴァークーゼンがレンタルで獲得

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ジョエル・ポーヤンパロの負傷離脱に伴い、FWのバックアップを模索していたレヴァークーゼンだが、その答えをベルギー1部RSCアンデルレヒトにて見出した。既報通りレヴァークーゼンは火曜、スウェーデン代表FWイサーク・キーセ・テリンを、1年間の期限付きで獲得することに合意したことを発表している。

 以前に典型的なセンターフォワードタイプの選手への希望を述べていたハイコ・ヘアリヒ監督は、「ベルギー1部で素晴らしい成長をみせている選手だ。彼は攻撃的ポジションならば複数でプレーが可能であり、うちの攻撃陣にさらなるヴァリエーションをもたらしてくれるよ」とコメント。

 またポーヤンパロの穴埋めに動いていることを認めていた、マネージャーを務めるルディ・フェラー氏は「ポーヤンパロが重傷を抱えたことにより、我々は典型的なCFタイプの選手の補強に集中していた。そして空中戦に長けたイサーク・キーセ・テリン獲得に成功したよ」と喜びをみせた。

 スウェーデン代表として24試合に出場している同選手は、今夏にロシアで行われたワールドカップでも4試合ですべて途中出場。昨季はレンタルにてワースラント=ベフェレンに移籍しており、そこでベルギー1部25試合に出場、16得点をマークしている。

 そのテリンは「レヴァークーゼンは歴史ある大きなクラブ。欧州常連組の1つで、来季にむけて野心的な目標を掲げているクラブだ。ぜひそれを果たしたいと思うし、そのために貢献していきたい」と述べ、キースリングの後を受けての背番号11を身につけることについては「もちろんシュテファン・キースリングのことは知っているし、FWのレジェンドの一人だよ」と述べ、「彼の背番号を身につけることが許されるなんて誇りだ。いいパフォーマンスでその期待に応えたい」と意気込みをみせた。

 なお今回のレンタル契約には買い取りオプションが付随しており、出場時間によって行使の判断が下される仕組みとなっている模様。なおレンタル料は50万ユーロで、完全移籍までのトータルパッケージとしては、500万ユーロを下回る金額となるようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報