ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月05日

エジルの10番を受け継いだブラント、その役割も受け継ぐことに?

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 背中に示された背番号は、選手自らを表現するものであると同時に、チームにおけるステータスの高さを示すものでもある。今回新たにドイツ代表の背番号10を身につけたユリアン・ブラントは「決して僕から希望を伝えたのではない。尋ねられたから、ありがたくその番号を受け取ったんだ」と明かした。

 そして木曜日にミュンヘンで行われるネイションズリーグ初戦、フランス代表戦にてブラントは、新10番としてのデビュー戦を迎えることになる。「この背番号10には重要な歴史が刻まれてきた。」そして最後につけていたのは、代表引退時には世間を騒がせることになってしまったが、ドイツ代表のプレイメーカーとして長年にわたり牽引してきたメスト・エジルだった。

 その背番号を受け継ぐブラントは、果たしてその役割も受け継ぐことになるのか?「トーマス・ミュラーも僕も、中でプレーすることはできるし、アウトサイドでもプレーすることもできるよ」とブラント。役割の変更についてはまんざらでもない様子だ。

 確かに今夏に行われたワールドカップでは、試合終盤からの出場となっていたものの、その中で同選手はウィングとしてチームのオフェンスを活性化させるとことに成功。その短時間でのアピールが、これからの戦いのなかで長期間にわたってテストされる可能性はあるだろう。その新たな背番号とともに。大きな自信を胸に、22歳の攻撃的MFは「僕は肩幅が広い方なんだ。だからたくさんのことを担っていけるよ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報