Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月06日

マインツ、オニシウォを獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SOCCER AUT vs SUI friendly match VIENNA AUSTRIA 17 NOV 15 SOCCER OEFB international match Län


マインツはオーストリア代表カリム・オニシウォを獲得したことを発表した。契約は2019年まで。


同選手について、マネージャーのハイデル氏は「早く、トリックプレーを持ち、ゴールに向かう姿勢も良い。とてもうちにあったスタイルを持っている選手だよ」と評価。「落ち着いて成長していくための時間を与える」との見方を示している。


「長い間彼の成長をチェックしていたよ。若く意欲的な選手をブンデスリーガーにしていくことは楽しみなプロジェクトだ。そのポテンシャルが彼にはある」


なおマインツには同国出身バウムガルトリンガーが主将を務めており、オニシウォは「ここの家族のような雰囲気、一体感が楽しみだ。特にそれはバウムガルトリンガーから聞いているよ」と明かした。


また所属したマッタースブルクとは、契約に含まれた例外条項により裁判沙汰となっており、ウィーンの裁判所は2015年夏で契約は満了したと判断。そのため今回の獲得に移籍金は発生しないのだは、マッタースブルク側はまだ法廷での闘争は終わっていないと見ている。


そのような中にあっても同選手は、今季マッタースブルクで主力を務め、21試合に出場して3得点7アシストを記録している。11月にはオーストリア代表デビューも果たした。





ネデレフとシムリングは移籍の流れ



nedelev800-1451913808


冬季キャンプへの帯同が見送られたトドル・ネデレフとニキ・シムリング。


マネージャーのハイデル氏が「昨夏からレンタルを模索していた」と明かしたネデレフに関しては、「全力を尽くしているが新しい環境も必要」との見方を示し、半年のレンタルを模索しているところだ。同選手にはすでに海外やブンデス2部からの関心が寄せられている。


さらにシムリングも移籍先を模索しており、ハイデル氏は「移籍のタイミングだ」とコメント。「ボランチでは選手が揃っている」なかで、古巣ブルッヘへの復帰が見込まれている。


なおマインツは今冬、そのブルッヘとテストマッチを行う予定。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker