ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月08日

シュミット監督「山はパワースポット」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

site_imageft35fvej-1452157744


「選手達を少し奮い立たせたいと思ってね」アルプスでテントを張り1夜を過ごした理由について、シュミット監督はそう説明した。「限界点をさらに伸ばすということ。向かい風のなかで、選手たちはそういう感覚を覚えたはずだ」


出発するときには「必要なものだけ持て。歯磨きセットやデオ。シャワーはこれから二日はないぞ」とだけ伝えていたという。


そして選手たちは雪山を登り、そしてそこでマッターホルンなどの絶景を目にした。


「そこで選手たちに、今日はここで泊まるぞと伝えたんだ。(コロンビア出身の)コルドバは、ニットの帽子をさらに深くかぶったね」


シュミット監督にとって山は「パワースポット」だという。「悩みや不安を解放してくれる。まぁ、選手たちはあまり眠れなかったとは思うがね」


25cmの新雪が積もるなか、選手たちは夜明けを迎えた。「まるで別世界から来た選手たちも雪の世界を、ここまで受け入れられるとは思わなかったね」とシュミット監督は賞賛。


準備期間のはじめには「後半戦の開幕戦で帯同したいのはだれだ」と声をかけたという指揮官は「これはともに目標をつかむための小さな一歩だよ」と狙いについて説明し、「別に不足していたからというわけではなく、むしろ蒔をくべたということだ。小さいものにとって、チームスピリットは欠かせないものなのだよ」と語った。




マリに檄


800-1452174759


監督:マルティン・シュミット
… 練習中マリに「外に出ろ」と
プレーが厳しいものなら、厳しい声も飛ぶものさ。

どんな理由にせよしっかりと参加する意欲がないのであれば、外で見ておけと指示をする。何が良いのかを目にするためにね。

2・3の流れで不満を感じていた。時にはブレイクも必要さ。それで緊張感がとても高くなる。そういうことは若手やバックアップの選手だけでなくて、主力にもしなくてはならないものだ。これはなにもマリだけではない。どの主力にとっても、練習で90分間パフォーマンスを発揮しなくてはならないものなんだよ。

定位置争いは激しくなっているね。新戦力のオシミウォは対人戦に強く、深い位置にまっすぐ向かう選手だ。パワフルながらエレガントさも持っているね。