ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

地元紙ソース:AllgemeineZeitung |  2016年01月12日

ドイツ語を学び、フィットネスの改善に取り組む武藤

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルゲマイネ紙は、今夏にFC東京よりマインツ05へ移籍した武藤嘉紀の特集記事を掲載。


早くドイツのサッカーに順応した姿を見せる同選手だが、ドイツと日本のサッカーの違いについて対人戦、試合のスピード、そしてスタミナを挙げた。


「ボールが来た時に、相手よりも常に1歩はやく動けないといけない、それを学びましたね。たいてい僕の方が身長が低いですし、できるだけ早く対応する必要がある。それでファーストタッチで、相手を交わすように心がけているところです」と武藤。


前半戦だけで既に7得点を挙げているが、それでも「使わなくてはいけない多くのチャンスを活かせなかった」と反省の弁も。


ただ「体力的に限界だった」と振り返るように、大腿筋に硬化を抱えていたが、それでも「プレーするチャンスがあれば、それを使いたい」と休む考えは全くなかった。


叔父が医師で「常に僕もなるべきと話していた」ことから、サッカー選手じゃなかったら「医者」になっていたという日本代表は、現在勉強中のドイツについて「とても頑張ってます。まだ何でもわかるところまではいきませんが、結構おぼえましたよ」とコメント。


記事の中で、武藤は「ドイツ語の知識を高めていかないといけないというのはわかっています。ここでは生活も文化も、言語もまったく異なるわけですから。今は自分たちで、買い物ができるようにはなりましたよ」とも明かしている。


なおホームシックになることは全くないそうで、日本食が恋しくなった時には、フランクフルトにある日本食レストランで長谷部誠と食事をすることも。


またかつてゴンゼンハイムでプレーし、現在は武藤の通訳を務めるタカヤマ氏もしばしば武藤と共にしていろいろと説明しており、間も無くはじまるカーニバルについてもちゃんと聞いているところだ。


「その準備はできていますよ」武藤は笑顔で、そう答えた。