ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月14日

順応を重んじるシュミット監督

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

schmidt8-1452694486


温暖なスペインからドイツへと戻ってきたマインツ05。「春の先取りを感じたが、ここでは雨風、そして寒さがあるね。選手にとって特にやる気がでるわけでもなかろう」との見方を示した


後半戦初戦を2週間前に控えての帰国だが、このことについてシュミット監督は「この状況で試合をするのだから」とコメント。


「慣れは重要だ。選手として私も、ドゥバイから戻ってきての反応を経験したことがある。気候になれるための時間が必要だ」との考えを述べている。


なお水曜日はニコ・ブンガートがふくらはぎの問題で個人練習、ユヌス・マリはテストマッチでくるぶしに打撲を抱えており、マキシミリアン・ヴァイスターはお腹の問題で病院へ検査のために向かった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報