ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月19日

今季飛躍を遂げたアレクサンダー・ハック

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hack8-1453033043


2014年に当時3部のウンターハッヒングから、同じくブンデス3部のマインツU23へと移籍したアレクサンダー・ハック。


U23時代の指揮官マルティン・シュミット氏は、ヒュルマンド監督の退任に伴いトップチームへと昇格したが、ハックの支持者であった同氏の昇格を「チャンスと見ていた」22歳のCBは、今季U23で中心選手となり、遂に第14節フランクフルト戦にて、先発でブンデスデビューを果たしている。


トップチームで「最初はとまどいもあった」という同選手だが、同じ道のりを同じポジションで歩んだ「シュテファン・ベルが助けくれた」とコメント。


またモデルとする選手はフメルスというハックは、自身が左利きであることも、得意とするビルドアップ面でメリットになっているとも分析してる。


なお前半戦で出場した2試合でフル出場を果たしており共に勝利、さらに今冬のキャンプでも、離脱中のブンガートの穴埋め役として、後半戦開幕戦での先発出場に向けアピールしているところだ。






マインツに1万ユーロの罰金


Fussball, Herren, 1. Bundesliga, Saison 2015/16 (17. Spieltag), Hertha BSC - 1. FSV Mainz 05, Fans aus Mainz brennen Feuerwerk ab, 22.12. 2015, Football men 1 Bundesliga Season 2015 16 17 Matchday Hertha BSC 1 FSV Mainz 05 supporters out Mainz burn Fireworks from 22 12 2015

 DFBスポーツ裁判所は、クリスマス前に行われた試合で、ファンがとった不適切な行動に対し、1万ユーロの罰金を命じる判断を下した。


問題の場面があったのは、12月20日に行われた前半戦最終節。そこでファンたちは火をつけ、試合開始が遅れる騒ぎがあった。


クラブ側は既にこの判断を受け入れており、この罰金は既に確定済みとなっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報