ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月19日

試合後コメント:レーマン「あれは良くなかった」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 FC Köln Training Matthias Lehmann 14 01 2016

ケルン 0−1 マインツ





主将:マティアス・レーマン

あれは良くなかった。キレがなかったし、うまく乗れなかったよ。試合の途中にも関わらず、自分たちに数パーセント不足していることを感じていた。対人戦、コンパクトさ。相手にスペースを与えてしまっていたし、一歩が遅かったね。もっと期待して試合に臨んでいたのだけれど。


シュトゥットガルト戦では、自分たちの良さをしっかりと出すことだ。前回の対戦(3−1)ではとても効果的に得点ができたけれど、相手のプレッシャーにさらされ続けていたよ。シュトゥットガルトは新たなクオリティを加えているし、別のプレーを見せてくると思うね。新しい監督の下、コンパクトに構えている。同レベルの戦いだと見ているよ。


ただ僕は残留を争うチームからうまく勝ち点を取れていないところがある。それができていれば、もっといい状況にあっただろうに。


冬季キャンプは国内で行ったけど、気持ち良く取り組むことができたよ。環境はしっかりとしたものだったし、予定していたものは全てできた。