ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月21日

インゴルシュタット戦での中盤は?

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mainz8-1453289957


今冬のテストマッチでは、4−3−3システムを採用していたマルティン・シュミット監督。果たして後半戦の初戦でもトリプルボランチを採用してくるのだろうか?


中盤の形は、底にバウムガルトリンガーを配置し、前方にラッツァとフライを構えて形成。ドルトムントから関心が伝えられたマリがオフェンスを担う。


最初のテストマッチ、ベルギー勢のリェージュ戦とブルージュ戦では精彩を欠いたが、しかしその後のケルン戦では相手のダブルボランチより数的優位を作り出し、良い戦いを見せることができた。


ただしインゴルシュタットも同じく、中盤に3枚を配置するシステムだ。


シュミット監督は「まぁ見てみよう。少し変えるかもしれないよ」と手の内を明かそうとはしなかった。


前回のブンデス開幕戦での対戦では、クラブ史上初昇格を果たしたインゴルシュタットに敗戦を喫しているマインツ。その時に課題となったのは、アグレッシブさと空中戦での強さの欠場、さらにボールを持ちながらプランが見られなかったオフェンスにあったのだが今回は果たして・・・?


  • ブンデスリーガ・各チーム情報