Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月30日

主将バウムガルトリンガーが風邪、武藤はフルメニューをこなす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

baumi_800-1459242318

火曜日にはマインツの主力選手同士による対決、主将ユリアン・バウムガルトリンガーのオーストリアvsMFユヌス・マリのトルコによるテストマッチが行われるところだったのだが、しかしバウムガルトリンガーが欠場を余儀なくされた。


同選手は風邪を患っており、すでにマインツへと戻ってきている。


さらにDFレオン・バログンと若手GKジャンルカ・クルチも、ともに風邪のために練習には不参加。


一方で膝の外側側副靭帯の部分断裂から復帰を目指す武藤嘉紀は、フルメニュー参加を果たした。


昨夏にFC東京からマインツへと移籍した日本代表FWは、移籍初年度の前半戦だけで7得点をマーク。しかし第20節のハノーファー戦で負傷して以来、ここまで7試合つづけて欠場を余儀なくされている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker