ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月31日

武藤嘉紀が再び負傷、残り全休の可能性も

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hannover 96 - 1. FSV Mainz 05 0:1

2月のはじめに行われたハノーファー戦で、右膝の外側側副靭帯を部分断裂していた武藤嘉紀。今回の代表戦期間ではチーム練習復帰を果たしていたものの、水曜日の練習で再び負傷。これにより土曜日のアウグスブルク戦のみならず、シーズンの残りを全休する可能性もでてきた。


「シーズンはギリギリだね」との見通しをシュミット監督は明かした。「全く問題はなかったし、医療スタッフはしっかりと仕事をしていた。こういうこともあるよ」


特に接触などはなかったとのことで、その後に受けた病院での検査の結果、前回とは別ではあるが外側側副靭帯を損傷していたことが判明している。


昨夏にFC東京からマインツに加入した武藤は、前半戦は主にCFとしてプレー。負傷により離脱するまで、7得点4アシストをマークしていた。(kicker採点平均3.36)

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報