Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月08日

シュミット監督が、バイエルンの選手を望まない理由

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hannover 96 v 1. FSV Mainz 05 - Bundesliga

選手の補強にあたりマインツでは、プレーのクオリティや金銭面でマッチしていることは当然ながら、その人間性やクラブの考えにあった内面性も重視した獲得を目指している。


シュミット監督によれば、選手の獲得に際して自身が「2〜3時間ほど、マンツーマンで話ができる」コミュニケーション能力を大切にしており、何の車に乗っているかとか、ちょっとしたこと」から、その目的は選手のメンタリティや環境、考え方への理解を深めているところだ。



さらに1つの例えとして、シュミット監督は「うちのロッカールームへ案内したときに感激する姿を見れればいいのだが、例えばバイエルンのようなクラブから来たりすると、「それで、どこがサウナなんですか?」なんて聞いてきたりするものだよ」と説明。


「ささいなこと」であっても、ブンデスでトップクラスの総走行距離を誇るマインツとしては、ハングリーさをもったクラブにあったメンタリティを持った選手の獲得を目指しており、フィジカル面はトレーニングで、メンタル面はシュミット監督による対話などを重ねていきながらチームを育成。


そして若手主体のチームはここまで、リーグ戦6位と欧州の舞台をも狙える飛躍を見せている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker