Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月17日

マインツ、守護神カリウスの穴埋めにレスル

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

今夏にリヴァプールへと移籍したカリウスの穴埋めを目指していたマインツ05だが、木曜日にヨナス・レスルを獲得したことを発表した。


マネージャーのシュレーダー氏は、27歳のデンマーク人GKについて」「彼のことは注視していたし、正しい獲得だという確信を抱いている。U21時代から知っているんだ。いい成長をみせ、欧州のトップリーグの1つでプレーしてきたよ」と評価。


身長195cmのレスルは、2014年までミッティランにて100試合以上出場した後、フランスのリーグ・アンのギャンガンへと渡り、そこで67試合プレーした。


ただしそのパフォーマンスが代表へのアピールまでにはなかなかつながらず、これまでは今年3月のスコットランド代表とのテストマッチのみとなっている。


シュミット監督は「パフォーマンスデータ、彼が醸し出す雰囲気、そして人間性など、全般的に納得することができるベテラン選手だ」と述べ、またレスル自身は「ここでさらにステップアップしていきたい。ブンデスリーガへの挑戦は1つの夢だった。そしてその準備は、僕はもうしっかりとできている」と意気込みを見せた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker