ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月29日

マインツ、元レアルのロドリゲスを獲得

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

マインツはトルコ1部ガラタサライから、ホセ・ロドリゲス(21)を獲得したことを発表した。元ユース代表CMFの獲得にあたりマインツは移籍金220万ユーロを投じ、契約期間は2020年までとなっている。


かつてレアル・マドリードに所属していたロドリゲスは、デポルティボ・ラ・コルーニャでのレンタルを経てガラタサライへと移籍。公式戦23試合に出場し、ドイツ代表ポドルスキとともに国内カップ戦を制した。


これから戦いの場をドイツに移すロドリゲスは、「ブンデスがとても楽しみだ。とてもしっかりチェックしていたんだよ。マインツの試合も何試合かみている。このチームには明確なプランがあり、シュミット監督が目指しているものが明確にみてとれるよ。僕にとてもマッチしているね。監督といい話し合いができたし、ここで成長したいと思った」と移籍の理由について説明。


マネージャーのシュレーダー氏も「すばらしいテクニックと戦術面での資質をもった」選手の獲得に、喜びをみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報