Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月26日

苦しいやりくりを迫られるシュミット監督

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1477400265
今世紀に入ってからの、2部フュルトとの対戦成績では、3勝1分9敗と大きく負け越しているマインツ。だがその大半は2009年までの2部時代までのものであり、シュミット監督は「そのことは考えにないね。大事なのは現状だ」とコメント。

そのフュルトでSDを務めたルーヴェン・シュレーダー氏も「そういった印象は特にもっていなかったね」と振り返った。

古巣については「あそこで成長させてもらったし、とても感謝している」とコメント。

またシュミット監督はフュルト戦に向けて「重要なことは2回戦に進むことであり、内容は2の次だ。」との見方を示し、「とにかく全神経を集中させて臨むことだ」と警戒心を示している。

なお多くの離脱者に加え、ドナティが出場停止。ラマーリョはチーム練習復帰を果たしたもののまだオプションではなく、シュミット監督はタフなスケジュールのなかでやりくりを迫られることになる。

【先発予想】レッスル – ブロシンスキ, ブンガート, ハック, ブスマン – ホセ・ロドリゲス – エズトゥナリ, F. フライ, S. セルダー, オニシウォ – デ・ブラシス


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker