ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月10日

武藤のマインツ5連敗で残留の危機も、マネージャーは指揮官を後押し

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

05 04 2017 xpsx Fussball 1 Bundesliga 1 FSV Mainz 05 RB Leipzig emspor v l Sportdirektor Rou
週末の試合ではフライブルクに0−1で敗戦を喫し、泥沼の5連敗となってしまったマインツ05。インゴルシュタットがダルムシュタット戦を制したために、自動降格圏内まで勝ち点差1と、さらに厳しい状況に置かれることとなった。

当然ながらそのなかで、指揮官マルティン・シュミット監督は批判にさらされることとなるのだが、日曜のトレーニングに姿をみせたマネージャーのルーヴェン・シュレーダー氏はあらためて、シュミット監督を後押しする発言を行なっている。

「5連敗を喫したことで、我々全員が失望しているし、そういったテーマが上がってくることはしょうがないことだ。しかしマルティン・シュミット氏はこのまま監督であり続けるし、我々はこの6試合に全力で立ち向かっていく」

2シーズン前のシーズン終盤に、現ドルトムント指揮官のトーマス・トゥヘル氏の休養にともないユースから昇格したシュミット監督は、翌シーズンにはヨーロッパリーグ出場権の獲得にも成功。今シーズンもヨーロッパリーグの予選を突破し、一時はレヴァークーゼンの後任監督候補にも名前があがっていたのだが、しかしながら下位に沈むダルムシュタットやインゴルシュタット、さらに昇格組ライプツィヒ、フライブルクなどに敗戦。

5連敗となり、さらにこれから残り6試合では、CL参加のバイエルンやグラードバッハ、欧州リーグ出場権を争うケルン、ベルリンなど、タフなスケジュールが待ち構えているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報