ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月21日

ケルンがマインツのコルドバを最上位にリストアップ

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cordoba8-1495354925
土曜日の試合で勝利し、トップ5入りを果たして25年ぶりに欧州の舞台へと返り咲いたFCケルン。

その一方でレンタル期間が終了するネヴェン・スボティッチや、来季から2部ウニオン・ベルリンに移籍するマルセル・ハルテルにとっては、ケルンでの最後の試合ということになったのだが、しかし退団する可能性があるのはこの選手たちばかりではない。

今冬にも中国から巨額のオファーが伝えられたアンソニー・モデストだ。ブンデスリーガで3位となる25得点をマークしたフランス人FWの動向は、いまだ不透明なままとなっており、さらにバックアップとして期待して同国フランス出身のセール・ギラシは、長期にわたって鼠蹊部の問題に苦しめられている。

そこでケルンがこの日対戦した、マインツのジョン・コルドバを最上位にリストアップしているとしても、さして驚きを覚える必要はないだろう。同選手はまさに、モデストとおなじフィジカルを売りにしたプレースタイルをもった選手であり、さらにホッフェンハイムからケルンに入ったモデストと同様、ブンデスに対応するまでの時間をさして要することもないだろう。

コルドバはマインツでの2シーズンでリーグ戦51試合に出場、昨季のバイエルン戦での決勝をはじめ、ここまで10得点をマークしているところだ。ただしケルンは獲得するためには大金を用意する必要があり、移籍金額については800万ユーロともいわれている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報