ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月28日

マインツ、アレクサンダー・ハックと2022年まで延長

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マインツは2019年まで残されていたアレクサンダー・ハックとの契約を、さらに2022年まで延長したことを発表した。

身長193cm、23歳のCBについて、ルーヴェン・シュレーダーSDは「近代的なセンターバックとして求められる全てのクオリティをもった選手。スピードがあり、対人戦で強く、そしてビルドアップでもいいものをもっているよ。また左利きというのも、このポジションでは興味深いセールスポイントだよね」と評価している。

ハックは2014年にウンターハッヒングより加入。そしてマインツの下部チームからトップチームへと這い上がり、ここまでブンデス1部22試合に出場。今季は15試合でプレーした。

ハックは「マインツは僕のキャリアにとって、重要な成長をとげさせてくれたクラブだ。若い選手に対して、ここではおちついた、プロフェッショナルな環境を与えてくれるよ。この新しい契約は、僕にとっては評価の現れだと思っているし、励みになるよ」とコメント。来季はシュヴァルツ新監督の下で定位置確保を目指すことになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報