ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月15日

マインツ、仏U21代表主将アブドゥ・ディアロ獲得

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マインツは今夏、さらなる補強へと成功した。金曜日にアブドゥ・ディアロを獲得したことを発表。21歳のセンターバックは、フランスU21代表してキャプテンも務めており、ASモナコから2022年までの契約で加入。kickerが得た情報によれば、移籍金額は500万ユーロとなったようだ。

「アブドゥ・ディアロは空中戦に長け、インテリジェントに対人戦に臨む選手だ。スピードに長けており、ビルドアップにおける質も持ち合わせている。それに守備的ポジションなら複数でプレー可能だよ」と、ルーヴェン・シュレーダーSDは評価を述べている。「それに高い目的意識をもった、いい性格をもった人間でもあるね」

ディアロはモナコにて昨季、リーグ戦5試合、CL1試合に出場。「ブンデスは世界最高のリーグの1つであり、マインツでそのピッチに立てるときが待ち遠しいよ」とコメント。同国出身の選手たちにもふれ、「グバミンやブスマンから、マインツのことについていい話を耳にしている。そして第一印象としては、それを実際に確認したという感じだよ」と語った。