ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月18日

元ドイツ代表アドラーが、子供たちと”居残り練習”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


月曜日からキャンプをスタートさせたマインツ。1時間半のトレーニングを終え、選手たちがホテルへと戻るなか、レネ・アドラーはそのまま練習場に残り、そこにいた3人の子供たちを呼び寄せた。そしてアドラーはゴールマウスの前に立ち、その子供たちに少なくとも1回はシュートを打たせ、自身は右へ左へとセービング。5分間ほど”追加練習”を終えて、ホテルへと戻っている。

そしてその数分後には、ニコ・ブンガートの姿があった。同選手はホテルにて個人連取を勤しんでおり、これから徐々にチーム練習に参加していく予定となっている。その他バログン、ホルトマン、フィッシャーらは、ピッチ横で個人練習を行なっていたが、それ以外の選手たちは熱心にトレーニングをこなす姿が見受けられた。

サンドロ・シュヴァルツ監督は「とても満足だよ」と、キャンプ地の第一印象について語り、「どこも手の届く範囲にあるし、食事もこれまでいい。それに最初の練習も良かった」と語った。なお火曜日にはさらに練習は熱を帯びていき、水曜日にはFC東京とのテストマッチが控えている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報