ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月10日

マインツのシュヴァルツ監督、ポカールは「クラブにとって実り多いもの」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今季よりU23から昇格したサンドロ・シュヴァルツ監督。7月にチームを率いて5週間半が経過したが、ここまでについては「最初に行なったテストマッチのときよりも、大きな改善が最後のテスマッチまでには見て取れている。」との見方を示した。

特にこの間で選手たちは互いに理解を深めあっており、それはピッチ外の部分にも影響をあたえているという。また就任当初は固さもあった指揮官だったが、いまは流れを掴んだこともありリラックスしているところだ。

そして土曜日には最初の公式戦が控えているが、トップチームでのデビュー戦を前に「特別なことさ。」とコメント。「ドキドキもワクワク感もあるし、選手たちからはいい感覚も覚えている。」と言葉を続けている。

なお今回はDFBポカール1回戦LSKハンザ戦となるが、シュヴァルツ監督はDFBポカールの意義について「クラブにとって非常に実りある大会だと思っている」との考えを示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報