ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月07日

昇格組に2連敗のマインツ、ブロシンスキ「そろそろ勝ち点3を獲得するとき」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏の準備期間では、サンドロ・シュヴァルツ監督は3バックに取り組んでおり、今回の代表戦期間を利用して行われたヴルツブルクとのテストマッチでもテスト。これから迎えるレヴァークーゼン、バイエルン、そしてホッフェンハイムという強豪たちとの連戦で採用する可能性は十分にあるだろう。

左サイドバックを務めるダニエル・ブロシンスキは「そうなってくると、いかにオフェンスに取り組んでいくかということになるね」とコメント。「3バックではサイドバックはより前線に顔を出すことになる」と、4−4−2との役割の違いについて説明した。

だがその一方で、マインツはここまで開幕からの昇格組との2連戦で連敗を喫しており、「ポジションどうこうということではなく、11人全体がこれまでの試合よりも良いパフォーマンスを発揮するということだ。」と意気込みを見せている。

そのためには「まずは1点を取ることだ」とブロシンスキ。この2試合では0−1と無得点により惜敗しており、「それができれば、ポジティブにいけるはずだ」と期待感と示し、「これからの相手は強豪ぞろいではあるけど、でもそろそろ勝ち点3を得るときだと思うよ。どんな相手であろうと、僕たちはもっと良いプレーしてしていかなくては」と闘志を燃やした。


なお昨季後半戦でのダルムシュタット戦にて、マインツの一部のファンたちが数多くの火器類を利用し騒動を起こした問題で、すでにダルムシュタットは容疑者らをブンデスすべてのスタジアム禁止処分にした上、警察は容疑者たちを告訴。さらにマインツは罰金として命じられた15000ユーロを、その容疑者たちに請求している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報